リアルタイムで車両の位置を確認

・車両の現在位置をリアルタイムに地図表示
・走行中、駐車中(エンジン停止)、車両の故障情報の把握もできます。

※クリックすると拡大

走行ルートを確認

・ユーザの走行ルートの履歴を地図に表示
・管理者は車両単位での表示も可能です。

※クリックすると拡大

稼働率の可視化

・車両の月別の稼働率を時間ごとに色別表示。
・一目で車両ごとの稼働状況が確認できます。

※クリックすると拡大

危険運転の表示

・月別、日別で、ユーザの危険運転情報を一覧表示
・地図で危険運転の発生場所も確認できます。

※クリックすると拡大

業務月報の自動作成

・ユーザーの走行データから月報をPDFで自動作成
・管理者は、ユーザ、車両の走行データをCSVファイルにてダウンロードができます。



※クリックすると拡大



各ユーザの運転技術の評価

・走行データをもとに、安全運転成績表をグラフで表示
・ユーザの運転を分析し、一人ひとりに合わせた指導ができます。
・ランキング形式にて、安全に運転したドライバーを表彰

※クリックすると拡大

車両取付機器

株式会社NCXX製「GX700NC」

■製品の特長

・国内通信キャリアの主要な周波数をサポート(Band 1/3/5/8/18/19)
・ LTE Cat.4 (下り150Mbps,上り50Mbps)(*1)
・3軸加速センサー、GNSS機能搭載(GPS, Glonass, Galileo, BeiDou, QZSS)
・IMEIと車両情報をサーバーに登録し、OBD端子に接続するだけの簡単アクティベーション
・国内1600型式以上の車に対応し、ソフトウェア自動更新により対応車種を順次拡大(*2)
・基本データ10種類に加え、追加で国内固有のデータなど28種類の車両情報を取得(*3)
・付属の延長ケーブルにより、取付位置の調整が可能

(*1)ベストエフォートであり、その場の状況や状態によって提供される通信速度や品質などの性能が変化いたします。
(*2)1600型式は、2020年6月現在の確認数です。
(*3)車種によって、取得可能なデータ数や種類が異なります。